しんの歯科クリニック 高槻市 歯科 審美歯科 インプラント 矯正歯科
【しんの歯科クリニック】
インプラント
インプラントとは

 失ってしまった歯のかわりに、人工歯根(純チタン)を骨の中に入れて、噛めるようにします。入れ歯と比べると、取り外さなくてもよく、噛みやすいため、非常に快適です。

諦めてしまっている人はいませんか?

 歯周病(いわゆる歯槽膿漏)や、大きな虫歯、あるいは事故等で、大切な歯を無くしてしまった患者様はおられませんか?新しい歯を入れ歯で作製したものの、なかなか入れ歯で噛めなかったり、「歯を削って、ブリッジを入れるのはどうも・・・」と感じておられる患者様はおられませんか?
 しんの歯科クリニックでは、インプラント(人工歯根)治療を取り入れ、専用のインプラントルームを設置しております。全ての患者様に、インプラントを行う事は難しいと思いますが、患者様の症状に合わせて、インプラント治療を行いますので、お心あたりのある方は、是非ご相談下さい。お話だけでも大丈夫です。

治療ワークフロー

 患者様から現在の状態、痛みや症状をヒアリングし、実際に口の中の症状を診せて頂きます。その後、インプラントに対しての適合性を判断したあと、初めて治療が始まります。

@インプラントを顎の骨に植えるために、歯茎を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に作ります。

A骨の穴にインプラントをねじ込み、固定します。固定が完了したら歯茎を閉じます。

B治癒を待ち、数ヶ月(個人差があります)で骨とチタンがしっかりと結合します。

Cインプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯茎の形を整えます。

D口の中の型をとり、仮の歯を作成します。噛み合わせを調整し、歯茎の治癒を待ちます。

E人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

装着前
装着前
装着後
装着後装着後
レントゲン写真

 このレントゲン写真は、インプラントの術前と術後のレントゲン写真です。インプラントを埋入すると、このようになります。このインプラントの上に、最終的な歯を製作していきます。

述前 述後
述前 述後
インプラント臨床例

 この患者様は、右上の前歯を打撲で、抜歯をする必要がありました。天然歯(治療されていない、きれいな歯)を削る事を避け、インプラントで治療しております。

治療前 治療中 治療後
治療前 治療中 治療後
アフターケア

 インプラントの治療が終われば、それで安心というわけにはいきません。歯磨きを十分に行わずにインプラントの周りに歯垢がついた状態で放っておくと天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。 インプラントを長持ちさせるためには、毎日の歯磨きが重要です。又、必ず定期検診を受けるようにして下さい。

▲PageTop